車のウィンドウを手入れしましょう。

車のウィンドウのお手入
車を買って、洗車するときには、機械を使わずに手洗いするのが一般的です。洗車用の洗剤を使って、柔らかいスポンジでなでるように、細かな傷がつかないように洗うのが普通です。
洗車をするときにはワックスを塗ったりもします。ワックスは2度掛けするとピカピカになって、とても綺麗になります。
それで、フロントガラスを洗った後で、フロントガラス用の水滴を弾くコーティングをすると雨の日に走るときにとても便利です。フロントガラスをコーティングするには、最初窓ガラスについた汚れを徹底的に落とすクレンジングを使います。その過程できれいに汚れを落としていないとコーティングがうまくいきません。汚れを落とした後にコーティングをしますが、これがワックスと似ていて、コーティングを施した後できれいに拭きあげないといけないのです。その工程がとても大変です。
しかし、うまくコーティングができたら、雨の日のドライブの時にワイパーを使わなくても水がどんどん後ろの方に粒になって流れていくので、視界がすごく良くて気持ちがいいです。特に高速での走行時には全くワイパーを使わなくてもいいような状態になって、見える範囲が広くなって、安全運転につながります。
Copyright (C) 車の防犯対策は万全に! All Rights Reserved.